勃起不全と聞いておそらく20代、30代の方は理解ができないかもしれません。

300種類の中から厳選した精力剤!

WHITE BLUE
このサプリメントの飲用で、女の子も悶絶する!女性を絶頂させる、青と白のペニス覚醒サプリメント!! クリニックに行こうか迷っている・・・とにかく、コンプレックスを克服したいあなたに!! WHITE BLUE
BIG FACTORY
まさに本物といっても過言ではない陰茎増大方法!チントレでもなくサプリでもなく「水」!事前に溶かした状態で摂取できるからナノレベルで浸透!元某有名AVメーカー独自制作していた商品が遂に限定一般販売開始!

中高年の性の基礎知識記事一覧

ペニスは身長と同じで、15歳前後に訪れる思春期が一番成長スピードが早いです。その後身長は20歳を過ぎたらほとんど伸びませんが、ペニスは20歳代、30歳代になっても成長のスピードは衰えてしまいますが、大きくなります。きちんと対処をすることによって、50歳代でも1cm〜2cmでしたら伸びたという事例を確認しています。ペニスは50歳代になっても伸びる理由は、体内埋没ペニスにあります。正確に申し上げると、...

勃起不全とお医者さんで診断されてしまった場合は大きく分けると、投薬治療、手術による治療、勃起補助具を使用した3つの方法があります。●投薬治療最初に断っておきますが、勃起不全は健康保険が適用されない自費治療です。ですので、金額の出費を覚悟しておいた方が良いでしょう。これは早く保険適応に法律を変更してほしいものです。男にとっては非常に重要な問題です。また、精神的な専門医を訪れた場合は投薬治療の他に、精...

勃起不全、勃起障害の事をEDと言います。中折れ、勃起までに時間がかかる場合もED予備軍です。EDとは勃起ができず、性行為において射精ができない場合を言います。一時的にお酒の飲みすぎて射精ができない場合はEDとは呼びません。EDの主な症状としてはこのようなものです。「性行為で射精を諦めてしまう」「勃起に必要な陰茎の硬度が足りない」「勃起状態にまったくならない」「勃起をしてもすぐに小さくなってしまう」...

60歳〜70歳の方は精力を維持するには、最低2週間に1回の射精が必要です。これを守ることにより、加齢からくる衰えを十分に防いでくれるのです。歳をとると精子量が少ないから貯めておくなんて考えていると、益々精力が弱まり、新しい精子作られなくなってしまいます。これは人間に元々備わっている機能で、使わないとだんだんと衰えていく事を指しています。専門用語では「廃用性萎縮(はいようせいいしゅく)」と言います。...

今はEDと診断されてもそれを復活させるようなED治療薬をはじめとする精力剤など、たいへん良い品質のものが発売されています。ED薬として世界でも愛用者がおおい、バイアグラやシアリス、レビトラがありますね。これらの治療薬を飲めば、副作用は別の話としてほとんど体感ができます。これらのED薬を飲んで体感できないとすれば年齢が80歳以上のご高齢の方か、陰茎組織や脳内からの勃起指令の伝達に問題があることが多い...

若い時は濃かったのに、歳をとると水みたいになる精液の方がいます。これは個人差があるのですが、加齢によって、精液の量が少なくなり、濃さも薄くなっていきます。精子量も20歳代がピークで、その後は少しずつ減り始めます。男性はたとえ何歳になろうと、精子が活発に活動していれば子どもを作ることは可能です。精子は濃さや量ではありません。それでは、精液の精子を元気にさせる食べ物をご紹介しましょう。それはずばり「亜...

中高年が性行為の最中に心配するのは「勃起するだろうか?」「中折れしないだろうか?」という悩みです。あまり深く考えすぎると、その影響で本当に症状を引き起こす場合がありますから、まずはリラックスをして深呼吸をしてください。中高年になったら誰もが当たり前に感じることですので、あまり気にしすぎないとです。もちろん、事前にこのような事を予防する方法はいくつかあります。まず勃起に関してですが、ペニスの睾丸は男...

日本人の寿命は世界的に見てもトップクラスですが、下半身の方は60歳代でリタイアをする人が多いようです。加齢による男性ホルモンの分泌量が減り、異性への興味、勃起力、精力、性欲などがガクンと落ちて枯れたようになってしまう方も多く見受けられます。歳をとっても元気でいる秘訣はずばり、男性ホルモンを出し続けるという事につきます。男性ホルモン=精力ですので、これを増やす必要があるのです。男性ホルモンのほとんど...

私が精力、勃起力が弱った中高年男性にオススメするのが「朝セックス」です。朝からセックスなんてできないよと思うかもしれませんが、これが非常に医学的には理にかなった方法なのです。精力の弱い人でも朝だけは勃起するという方は多いのではないでしょうか?それは精力の源「男性ホルモン」の活発が午前中まで活発だからなのです。お昼から夜にかけては男性ホルモンが少なくなっていき、皆さんが性行為をする夜は、一番男性ホル...

海綿体注射とは、陰茎の海綿体へ注射をすることによってEDを治療する方法です。これは血管拡張剤と言われるもので一般的にはプロスタグランジンや塩酸パパベリン等の薬剤を注射します。この方法は世界的には認可されている方法ですが、今日本では国の認可がおりておらず保険の適応外の治療となっています。この薬の副作用としては、陰茎の痛み、持続勃起症、不正脈、めまい、顔のホテリなどが見られます。この海綿体注射を行うと...

一般的にED(勃起不全)には主に3つの原因が考えられています。全体の約半数を占めるのが器質性EDと言われるものです。器質性EDとは?これは脳内の神経が異常をきたし、本来脳から送られる勃起命令が神経回路の不具合によってスムーズに伝達されないことが原因で起こるEDです。糖尿病がEDの原因器質性EDは糖尿病によって引き起こされることが多くあります。体内の血液中の血糖濃度が神経を傷つけたり、悪影響を与える...

ED治療薬を飲んでいることは、できればパートナーには知られたくないですよね。あくまでも自力でがんばっているところを見せたいのです。しかし、これが命に関わることだとしたらどうでしょうか?バイアグラなどのED治療薬を飲んでいるということ事は、それなりに高齢者です。おそらく50歳〜70歳の年齢かと思います。この年齢になると血圧が高かったり、糖尿病、高脂血症、動脈硬化など、何かしらの持病を持っている人も多...

セックスで快楽を感じないことを俗に不感症と言います。不感症の原因は様々ですが「セックスのマンネリ化」「セックスに興味がない」「性欲がない」「相手の体に興味がない」「精神的な病気」「ストレス」などです。人それぞれ体の性感帯は違いますが、どこを触られても性的に快楽を感じないことを不感症といいます。昔は「冷感症」とも呼ばれていましたが、最近は不感症は「性障害」のひとつとして認識されております。この分野は...

性欲の曲がり角とも言われる男性の50歳は、それまでの生活習慣などにより「下半身はまったくダメ」という方と「まだまだ元気!」という方に分けられます。ちょうど差がついてしまうのが50歳なのです。50歳と言えば会社でも働き盛りで、家庭よりも仕事という方も多くストレスを抱えて下半身に悪影響を与えている方も多くいます。50歳は20歳、30歳のような勢いは確かにありませんが、なぜか若い女性30歳代からは好感を...

副作用がひどくてED治療薬が飲めない方や、ED治療薬を飲んでも効果があまり体感できない方。その他にも糖尿病や高血圧の薬を飲んでいる人で、薬の副作用がで勃起不全になっている方が使用されています。プラスチック製の棒状の筒にペニスを入れて、付属しているポンプを数回押すことによって、プラスチック筒の中の空気が外に追い出されて中が真空状態になります。この為、陰茎の海綿体へと血液が押し寄せてしばらくすると勃起...

現代の60歳は、昔の60歳と比べても断然元気です。40年前はまだバイアグラという素晴らしいED治療薬になかったですので、今の高齢者はたいへん恵まれていますね。今、日本で一番富裕層を呼ばれる人たちは60歳、70歳の人達です。裕福なのに時間もたっぷり余っている、さらにED治療薬を飲んでビンビンとなれば、行くところは風俗です。最近は若い人達よりもこうした60歳以上の方が風俗に通うのが増えているのです。風...

セックスは男女の愛を確かめ合う行為意外にも科学的に検証すると私たちの体にとって非常に良いと言う事が分かります。この検証結果からセックスは何歳になっても可能な限り続けるべきだし、人生にセックスこそ健康や長寿にもっとも大切な事ではないかと思えるのです。なぜセックスが体に良いのか?どんな効果をもたらすのか?それぞれご説明をしたいと思います。1.ドーパミンの分泌量が増える脳内神経伝達物質のドーパミンは、こ...

性力の衰えを実感するのは50歳代と答える方が多く、「もうセックスはいいや」と諦めてしまう人が多い年齢です。以前は毎日あった朝立ちも加齢とともに回数が減っていきます。今回ご紹介する通称「朝立ちリング」とは大小のリングのことです。これをペニスの根元と亀頭部分に装着します。夜につけたら、そのまま朝までグッスリ眠ります。リングをはめるのは違和感があるかと思いますが、これは皮膚にやさしいシリコン製ですので、...

肥満は体に悪いと知っていても、具体的にどのように悪くなるのかわかっている人は少ないです。肥満は健康だけでなく、実は下半身にも重大な影響を与えており、標準体型と肥満体型を比べると肥満体型の人の方が約1.7倍もEDになる可能性が高いことが分かりました。肥満の方は、糖尿病や高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病になっている方が多く、下半身にも影響を与えているのです。勃起に必要なのは海綿体へと血液を隅々まで運...

熟年になると日常生活でも腰が痛い、首が痛い、足が痛いなど、体のあちこちに痛みを感じる日々が増えてくると思います。セックスも面倒、疲れるという理由からだんだんセックスの回数が減ってきます。そこで、熟年男性が知っておくべき省エネで女性を喜ばせることができるセックス体位をお教えします。若い頃にようにそんなにがんばらないセックスで大いに楽しみましょう。体力をなるべく使わないセックスでオススメなのは、お互い...

男性の40代は勃起不全で悩みますが、同年代の女性もまた性行痛で悩みを抱える方が多くいます。この原因は女性ホルモンの減少によるもので、更年期の典型的な症状でもあります。性行痛は我慢していてもセックスそのものが楽しめないはもちろん、こすれて数日間痛くなる可能性があります。女性によっては「早く終わらないか」という事だけ考えている人もいます。そのような場合は潤滑ゼリーやローションがオススメです。挿入時のす...

肝臓は血液をキレイにして老廃物を取り除く機能として知られていますが、この肝臓の働きが悪くなると「人工透析」という治療が行われます。この人工透析を受けている方の約50%が勃起不全(ED)の症状があらわれていると言われています。一見、関係ないように思えますが、聞くとなるほどと思うほどの関係性があったのです。人工透析の治療を受けると血管の障害や神経の障害、ホルモンバランスが大きく崩れます。血管の障害が起...

お父さんは枕や肌着からの加齢臭がひどいと家族から責められることもしばしば。分かっていてもどうしたら良いか分からないのがつらいところです。しかし、この加齢臭は単純に臭いというだけではなく、体の酸化が進んでいる証拠なのです。人間がベストな状態はややアルカリ性と言われていますが、体内が酸化すると様々な弊害が体のあちこに出てくるのです。男性の下半身もそのひとつで、酸化が進むと、勃起に必要な一酸化窒素が減少...

現代医療の発達によって早期発見であればガンでの死亡率がグンと低くなってきました。しかしながら男性の場合は肺がん、大腸ガンにつづく第3位が前立腺がんです。これは65歳以上の高齢者に3人に2人が前立腺がんになると言われています。この前立腺がんのやっかいなところは、自覚症状が少ないことです。オシッコの切れが悪くなったり、尿の回数が増えるのは歳のせいと思っている方も多く、これが前立腺がんの早期発見を遅らせ...

勃起は血流をたくん送り込むことで成り立ちます。勃起力はペニスの海綿体へと血流を隅々まで送れるか?にかかっているのです。つまり、血液の流れがスムーズですと大量の血液を海綿体へと送り込むことができますので、結果的に勃起が硬くなるのです。では、若い時は血液の流れがスムーズなのに年をとると停滞してしまう原因はなんでしょうか?それは、血管の内壁に付着するコレステロールなのです。コレステロールが血管の内側に付...

早漏の方は、亀頭部分が皮で覆われている為オナニーをすると、亀頭は皮をかぶったまま外から刺激が与えられることになります。このようなオナニーを続けていると、セックスの際に亀頭が露出して敏感になっているため、早漏になってしまうのです。この早漏を防ぐには、必ず亀頭を露出した形で刺激を与えることが大切です。仮性包茎の方は普段からカリの根元に皮を引っ掛けるなどして、1日の多い時間を亀頭を露出させるようにしてく...

「自分はずっと短小だと思っていたけれど、正しいペニス計測法で測ったら平均サイズだった!」ということもあります。ここでは正いペニスサイズの計測方法についてお話します。ペニスサイズは平常時ではなく、勃起時のサイズを図ります。平常時は小さくても勃起時ののびしろには個人差がある為、勃起時の最大マックス時を計測します。まずはペニスを限界まで勃起状態にします。そのペニスを地面と水平状態にして、そのペニスの上側...